松田次生選手が審査員に決定

2018.01.20

MENU

ドリフトキングダムのもう1人の審査員発表!

昨年末から噂がされていた「もう一人の審査員ミスターX」の正体が明らかになりました。
土屋圭市氏と共にキングダムの審査をしていくのは、GT500ドライバーの「松田次生」選手!
レース界でも有名な車大好き人間(電車はもっと好き)で、自らもシーズンオフにはドリフトのテクニックを磨いている現役ドライバーです。

松田選手には審査だけでなく、現役ドライバー目線でのドライバー心理、またはマシンのセットアップなど、様々な方面からの解説をしていただきます。レジェンドドライバー土屋圭市氏と、現役トップドライバー松田次生選手とともに、ドリフトキングダムは世界に目を向けていきます。

松田次生選手プロフィール

松田次生選手ブログ

日本のレーシングドライバー。三重県桑名市出身。 愛称・究極のGTRオタク。スカイラインGT-Rを4台(ハコスカ、R32、R33、R34[Z tuneエアロ装着、フルチューン])、ニスモ400Rを所有する他、エルグランド 、C35 ローレル(MT換装ドリフト仕様)ノートニスモS、GTR nismo MY17、ER34も所有している。
幼少時から大の車好きで、遊園地のゴーカート(特に鈴鹿サーキット)が大好きな少年だった。
中学生時代は陸上競技に熱中したが、故障をきっかけに陸上競技を断念。
その後、カートショップの門を叩いたことがレーシングドライバーへのきっかけとなる。

  • 2014年 – SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R NR20A)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2015年 – SUPER GT・GT500クラス(NISMO #1 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R NR20A)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2016年 – SUPER GT・GT500クラス(NISMO #1 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R NR20A)(シリーズ3位・2勝)
  • 2017年 – SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R NR20A)(シリーズ2位・1勝)

ウィキペディアより

モータースポーツ観戦には危険が伴います。安全のため、スタッフの指示に従って行動して下さい。本イベント中に発生した事故については、一切賠償の責を負いません。また、会場において撮影された映像・写真及び音声は、個人で楽しむ目的での使用以外は主催者の許可無く使用することはできません。